バークロフトでの実装

バークロフトでは、XNUMX年生とXNUMX年生の生徒がiPadを使用して、識字能力と数学、およびその他のさまざまな主要分野のスキルを身につけます。 iPadは、生徒がデバイスと自宅での使用方法に慣れると、宿題を出すために家に帰ります。

すべての学生は、図書館カリキュラムを通じて提供されるデジタル市民権カリキュラムに参加します。 教師は司書およびITC(Instructional Technology Coordinator)と協力して、iPadの適切な使用とインターネット上でのその使用について検討します。

デジタル市民権の詳細については、 APSデジタル学習ページ.